トップページ >> 業務内容 >> 製版・印刷

業務内容

製版・印刷

制作から送られてくるデータを「かたち」にするのが、製版・印刷部門です。

製版・印刷は今までデータでしかなかったものを実際に形にする最初の工程となり、 重要な部門です。

データから「フィルムを作成する」という工程をCTP(Computer To Plate)導入により無くし、 当社では資源の省力化・作業工程のスピード化・品質の向上を実現しています。

製版

データの検証、色の管理・補正を行います。
そして最も効率の良い編集・ページ面付けを行い、 CTPにより刷版に焼き付けます。

製版装置

LUXEL T-9000CTP×1台/PS自動現像機(ポジ)×1台
WORKFLOW XMF
Lanovia Quattro×一式 EPSON Sure Color T5050
PRIMO JET
XR2000(現像廃液削減装置)
FACILIS Supremo(面付ソフト)

印刷

ハイデルベルグの印刷機(4色機・2色機・1色機)等を利用し、 12,000〜6,000(枚/毎時)の速さで印刷を行います。

また、コンピュータによる色の管理に加え、 永年培われた経験を活かした人間の目による調整を行います。

オフセット印刷

ハイデルベルグ102V(菊全判・4色・12,000枚/毎時)×1台
ハイデルベルグ102ZP(菊全判・2色・11,000枚/毎時)×1台
シノハラ56(4/6 4切判・4色・10,000枚/毎時)×1台